日本ピットでは、配管、排水ピットを初め防水板、庇、グレーチング等 防災 生活環境商品を取り揃えております。

JP-WP-SD シート脱着式 防水板カタログ
  
日本ピットサイト内検索 (製品名・品番等も検索できます)
   
  

| HOME | 会社案内 | 営業所マップ | 新商品 | 商品案内 | 資料請求 | 問い合わせ | サイトマップ | 
取扱製品:配線ピット・配管ピット・排水ピット・HACCP支援用排水システム・情報化支援用配線システム・水処理プラント電力施設関連用覆蓋
マシンハッチ・機械搬入用フック・景観用ピット・玄関マット・フロアハッチ・ルーフドレイン・防水板(止水板・防潮板・水密扉)・フロアハッチ・ルーフドレイン
アルミ庇・アルミハニカム庇・枠材・縁材 等の建築用資材金物を取り扱っています。規格品以外も作製いたします。お問合せください

Copyright(C)2003 株式会社日本ピット All rights reserved.

防水板とは
扉式防水板
電動起伏式防水板
手動起伏式防水板
跳ね上げ式防水板
スライド式防水板
スイング式防水板
シート式防水板
シート脱着式
脱着式防水板
防水板 収納 保管
 
 
シート脱着式 防水板 止水板 防潮板
シート脱着式の新素材の採用で最軽量。女性でも一人で楽に運べます。
 
止水板のポイント
  シートは新素材(熱可塑CFRPリブシート)で最軽量(W5.8mの時3.5kg/u)です。
    シートはコンパクトに巻取れるので、保管場所から女性でも 一人で楽に運べます。
    シートはコンパクトな巻取り形状なので、保管場所は最小限のスペースで収納可能です。
    3m以上の広い間口でも中柱は不要で、一人で簡単に設置できます。
    シャッターのレールを利用すれば、側枠が不要でコストダウンになります。
         

設置方法 (JP-WP-SD)      
  止水板 シート脱着式 設置方法1 止水板 シート脱着式 設置方法2  
1 桁の設置 2 シートの設置    
  床面の清掃を行い化粧ボルトを外して下さい。 桁の固定脚をボルト位置に合わせ、外した 化粧ボルトで締付けて下さい。   保管場所からシートを運び、止水材(ゴム)が付いている側を床面に当て、引っ掛け金具が 付いている側を内側にして側枠にシートの端部を差し込みます。
巻かれたシートを広げて、 もう一方の側枠にもシートの端部を差し込みます。
 
  止水板 シート脱着式 設置方法4  
 
3 シートの締付け 4 設置完了    
  桁の固定脚に付いているキャッチクリップを シート側の金具に引っ掛けて締付けて下さい。 シートを床面に押し付けることができます。   *取外しは逆手順で行って下さい。    
         
製品仕様     シート(巻取り形状)    
 
シート
シート重量
シート端材
止水財
桁本体
桁ユニット重量
桁固定脚
キャッチクリップ
下枠レール
熱可塑CFRPリブシート
3.5kg/u(W5.8mの場合)
POM
EPDM
A6063ST-5
6.0kg/u(W5.8mの場合)
SUS304
SUS304
SUS304(床面に凹凸がある場合設置が必要)
  止水板シートの巻取り形状  
             
製品性能    
 
建物条件
止水性能
設置人数
製作寸法
収納方法
側枠設置形式
設置時間
新設・既設
0.02?/h・u以下:試験値(製品保証は含みません。)
1人〜
製作高(H)
1,470mm〜 5,820mm
製作高(H)
〜 550mm
保管場所必要(部品・工具は保管用かばんに収納)
露出型・埋込み型・脱着型
3分程度(保管場所からの運搬時間は含みません。)
   
               
参考図            
止水板 脱着式(平常時)平面図  
   
止水板 脱着式(装着時)平面図  
   
止水板 脱着式正面姿ズ(内側)